地球と愛そして平和


「地球と愛そして平和」を願い、日常的なことや太陽や虹の写真とメッセージなどを発信しています。対面にてメッセージとビジョンもお伝えさせていただく活動もしています。ヒーリングルームまで
by coco20051204
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

師匠 平さん

昨日私は、久しぶりに平さんと会ってきました。
e0111153_1243630.jpg
この日は私にとって「すべての自分を信じるために生まれ変わる日」でもあったようです。

もともと私自身、褒められても「常に謙虚に受け止め行に励む」が基本です。

今も変わりませんが、「自己愛」「自尊心」が少し弱いように感じておりました。

このことについての「自分への確認」の為、会うように繋げて下さったようです。


数日前から、「いつもと違う自分」に気がついておりました。

そう、ちがう誰かが私の中にいるのです。

憑依ですね。

この憑依、決して悪く捉えないで下さいね。

肉体があるかないかの違いなだけです。

人間も霊体も「思い」や「念」は持っているものです。

霊だから「怖い」と思わないで下さい。

同じく「人の念」もとても強いものです。

「良い方こうに向けている」か、「良くない方向に向けている」か。

それだけの違いで、まったく真逆のエネルギーに変わるわけです。


そして、憑依も色々な理由があるとは思いますが、「気づいてほしい」

「わかってほしい」という思いが強いのでは、と私は感じております。


私自身、昔から憑依をされやすい体質でありました。

母や妹、弟たちにも、色々な「霊の訴え」からくる現象も多くありました。

「何故私は、霊に憑かれやすいのだろうか。隙を作りすぎているのだろうか。」

と悩んだ時期もありました。

昨日は、平さん宅へ行く前に霊魂に話しかけ、自分で相手と心から向き合い、

その霊体本来の「お役目に気づいてほしい」と思いを込め、話し合いをしました。

人も、肉体も霊体も同じです。

思いや念による執着であったことに気づけばいいだけなのです。

気づけば「許す心」が開かれるのですから。

そして、心は「こじ開ける」ものではありません。

自ら開くものなのです。


私は、このような言葉を平さんから詳しく教わっているわけではありません。

平さんは「大切な基本」となる言葉しか言いません。

なのに、このような事を理解し表現できる自分が何故いるのか。

何故教えをもらえるのか。

メッセージが聞こえてくるのか。


それは、私の魂が沢山の学びをしてきたからなのです。(過去世)

滝行をする尼でもあり。

キリスト様のお近くにいたものでもあったから。

自然と共に生きている時代もあり

神々との共生を大切にしていた時代もあった。

そして、地球以外にも生きていた時代もあった。

どの自分も私であり、どの自分も尊い命(魂)。

すべての魂を認めて統合したから。


この今までの自分を認めること。

どんな自分もです。

そして今を生きる。

すべての人に役割があるのです。

すべての人が神様の分光である。

愛ある宇宙と繋がっているのです。



自分をしっかりと信じることについて「上の方から」再度平さんを通してメッセージを

貰ったのです。信じるために、確認をするために。

自己否定しそうになる自分に気がつくために。


過去世も今もすべて自分であり、統合した魂の集団である。

この集団の霊格の向上が目的である。


そして、沢山の神々もそれぞれの役割がある。

色々な次元にいらっしゃって、お役目を全うされているのです。


今の一生は、あの世では数時間、または数日なのかもしれません。

ですが、この世に生まれた目的があるのです。



過去世において、あなたはどこかの国のお姫さまでした。

どこかの国の普通の人でした。

どちらを言われたら嬉しいですか?


魂の学びのために、人は色々な経験をして今があるのです。

どんな自分であっても、あなたなのです。

沢山の学びをしてきた自分がいるのです。

その「時」を一生懸命生きてきたのですから。

そして、今は今しかありません。

e0111153_1253438.jpg

この基本に気づいて下さい。

どんな自分であれ、まず自分を認めること。

本当の「自己愛」と「自尊心」を見つけること。

このことが、過去世すべての自分に対して、

周りの存在の繋がりを心から認める大切なことなのです。


何が凄い、これが凄いなんてありません。

分けているのは人なのです。

気がついて地道に実行あるのみです。

普通に過ごすことは、刺激はありませんが「とても大切な学びの時間」なのです。


長くなりそうですので、次回は続きを書かせていただきます。

繋がりに感謝。

ありがとうございました。

かおり
[PR]

by coco20051204 | 2007-08-28 13:02 | ☆あなたへのメッセージ
<< 平さんから伝えられた言葉 素敵な仲間たち >>