地球と愛そして平和


「地球と愛そして平和」を願い、日常的なことや太陽や虹の写真とメッセージなどを発信しています。対面にてメッセージとビジョンもお伝えさせていただく活動もしています。ヒーリングルームまで
by coco20051204
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

学び

何気なく過ごす日常生活では、
いつも色々な出来事があります。

そして沢山の関わりの中から
色々な心境の変化が起きています。

嬉しかったり、楽しかったり、ワクワクしたり。

時には傷ついたり、泣いたり、怒ったり。

違和感や疑問を感じる時もあるでしょう。

この出来事から起こる心境の変化の中に「学び」が沢山あるのだ。
と私は思っております。

いつもこのような出来事と同時に
色々な情報と映像が凝縮してやってきます。

その凝縮されたものは、良い⇔悪い 光⇔闇 という「対」でやってきます。

いつも感じるのは、真理の基本となるものはいつも同じです。

これを学ぶために、光の存在たちからの「課題」は、いつも色々な形でやってくる。
と私は受け取っております。

さまざまな方向から。

沢山の繋がりから、いつも得られることが多いのです。


あまり良くないパターンに出会った時、

私は心から感謝をします。

何故なら、良くないことの中には光が隠されているから。

闇の中の光を見つけた時、

光に進む(変える)方向が見える。


その人は、そもそもそのような方ではない(人は皆光だから)
なのに、その時の状態の相手と出会うことは、今の自分にとっても必要だったから

いわゆる出会ったことが「必然」なのですね。


以前、あるビジョンが2日に分けて見える日がありました。

人ではない「何か」が見えるのです。
それは陰と陽に例えるなら「陰」であり、
目にとても特徴を持っている「何か」でした。

「何故そのものが見えるのだろうか。。。
宇宙人なのか、精霊なのか、何かの変わりはてたものなのか。。。

私が呼び寄せたか。。
だが、特に「陰」となる要素はない。

何かを訴えているのか。
そのうち分かる日がくるだろう。。」
と考え、過ごしておりました。


それは、その次の日の夜にやってきました。

「ある方の後ろ姿が見える。
うつむいている。
段々と正面に変わる。
だが、人ではなくなっている。。
「何か」とは、このことだったか。。。」



普通にみれば人間です。
だが中身は自分を見失い、違うものと化した「魔物」のようなものに変わってしまっている。
悲しいことです。
ですがこのことだけに囚われてはいけません。


人はもともと素晴らしい力を持っています

この方向を間違えると、光より闇が大きくなってしまう

すっかり人ではない「何か」に変わってしまうこともあるのです。


と教えてくれたのです。

ここで、特徴のあった目について、

「目」の役目とは何か、

物事を見る、瞬時に判断するためのもの、見極める。

光も そして闇も見える。

本来の「目」の役割とは違う方向にずらしてしまうと、

まったく真逆の役割の「目」となってしまう。

このように伝わってくるのです。
どのような方向に使うかは、自分次第。


人は完璧ではありません。

私だって完璧ではない。

だから、光とは何か

闇とは何かを試されながら生きている。

常に真ん中で留める。

バランスをとるため。

両方を知るため。

真理を学ぶためにも。

その為には、後退、前進を繰り返す。

闇に進んでも、また光に進めばよい。

必ず、光の存在は見守りつづけている。

暖かく見守っているのだから。

闇は闇と受け取る。
そこから選択するのは自分である。
闇を悪と捉えるのではない。
闇と光は対である。



長くなりましたが、最後までありがとうございました。
かおり
[PR]

by coco20051204 | 2007-09-24 14:35 | ☆あなたへのメッセージ
<< 平さんのお話 コスモス >>