地球と愛そして平和


「地球と愛そして平和」を願い、日常的なことや太陽や虹の写真とメッセージなどを発信しています。対面にてメッセージとビジョンもお伝えさせていただく活動もしています。ヒーリングルームまで
by coco20051204
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


お散歩

河原あそび

e0111153_22363552.jpg

e0111153_22375546.jpg

e0111153_22364381.jpg
e0111153_22365124.jpg

川の流れが太陽に反射してキラキラと輝いていました。

息子は川底の砂を集めては、大きな岩の上へと持って行き

何度も往復しながら山のように積んでみたり、砂を手に持ち

手の上の砂が川の流れと共に流れていく様子を何度も実験してみたりと

かなりの時間をここで過ごしていました。

川の水は冷たいですが、とても気持ちよかったです。



こちらは蝶の写真

e0111153_22371746.jpg


この写真は先月ごろの撮影ですが、このちょうちょさん、

どこからかヒラヒラと舞ってきて私の肩にぴたっとくっつき中々離れなかったので

そっと手わ差し伸べると、、、、よいっしょっと指へと移動してくれたので

携帯カメラで撮影してみました。

普通に歩いても離れず、夫に移動させても

また私のところへ飛んできた不思議な蝶です。


気になったので調べてみましたら、ジャノメチョウの仲間で

学名(Lethe diana diana)  「月の女神」と言う意味を持つ蝶だそうです。

紫色の目のような模様が印象的な蝶でした。

e0111153_22571025.jpg




最後の写真は、子供と一緒につくった十五夜のお月見だんご

きなこ味バージョンです。

e0111153_23115281.jpg


息子といっしょに 「おつきさま、いつも あかるくてらしてくれて ありがとうございます」

と言って美味しくいただきました^^


かおり
[PR]

by coco20051204 | 2008-09-27 23:17 | ☆太陽と虹の写真

伊勢 ①

e0111153_14574230.jpg
フェリーから撮影

海のしぶきと虹

e0111153_14511387.jpg


伊勢湾フェリー
e0111153_14532977.jpg


夕日と伊勢の海
e0111153_14542916.jpg


e0111153_1456541.jpg

[PR]

by coco20051204 | 2008-09-18 14:58 | ☆太陽と虹の写真

伊勢神宮 ②

伊勢神宮には、外宮、内宮の順に参拝いたします。

伊勢神宮へはこちら

私達も、外宮【豊受大御神】

から参拝させていただきました。



何故、伊勢神宮なのかと言いますと

以前、秩父神社へ参拝したときのこと

本殿から参拝するのが普通なのですが、

左右に神宮が祀られており、

本殿右に皇大神宮(天照大御神)。

左に豊受大神宮がいらっしゃいました。

秩父神社はこちらへ


何故か私は、右側の皇大神宮に呼ばれまして、先に参拝したことがありました。

やっとお会い出来た。。。そんな思いがこみ上げて幸せな気持ちになっておりました。

この時、三体の神さまが光の柱となり

日本をお守りしているビジョンが見えました。




生まれ育った近くには神社があり、御祭神が

素盞鳴命(すさのおのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
菅原道真(すがわらみちざね)

でもあります。

この神社はとても思い出深く、この公園は遊び場でもありました。


上目黒氷川神社はこちら


そしてもう1つの神社が「神明宮」で

御本殿にお祀りしている中心の神様は「天照皇大神(アマテラススメオオカミ)」

なのです。

神明宮へはこちら

生まれ育った地から

秩父神社で呼ばれたときから、この日まで、

ご縁を感じた神さまでもあります。


日本の神でもあり、八百万の神々の最高位の神、天照大御神

そのお神札を伊勢神宮へ直接お迎えに行くことを、決意したからなのです。


内宮では、第一の鳥居に近づくにつれて、

私は強いエネルギーと心地よさを感じておりました。

途中、参拝する前に身を清める場所とされる

五十鈴川御手洗場があります。

e0111153_1122019.jpg


こちらで少し一呼吸おき、さらに第二の鳥居へと進みます。

どんどんエネルギーを感じていき、第二の鳥居を過ぎたころ

左斜め前には新しく社殿が建てられる予定の「新御敷地」があり

そこを通り過ぎるころ。。。

すーっと心地よい風が私の魂を通り抜けていき

その瞬間、とても良い香りに包まれ、光と共に私は懐かしい気持ちで一杯になっていました。

とても良い香り、懐かしさ、、、

夫にこのことを話しつつ、いよいよ本殿へ。

ここでは、階段上から本殿までの写真は禁止されております。

皆さんが撮影している間を通り、階段へと上がります。



もともと神社で写真を撮ることは、私は苦手なので写真がありませんが

(いつも失礼かな。。。と思ってしまうのですよ)


本殿には、白い布がかかっておりました。

中は直接見えないようになっております。


いよいよご挨拶をして鳥居をくぐります。


丁度、運が良かったのでしょうか。。。

ある自然現象が起きたのです。


心地よい風がさぁーっと本殿へと吹き抜け、白い布はふわりと風にあおられ、

扉が開いたように、白い布は天高く舞い上がり、本殿が直接見えていたのです。

心の中で私は

「全開に見えてしまっているのだけど、、良いのかしら。。。

でもきっと、とても信仰深い方がご参拝に来られているのね。。。素晴らしいことだ」

そう思いながら御参りをさせていただきました。


他にもご参拝の方がいらっしゃったので、そう思っていたのですが

今思えば、きっと神道が通った瞬間だったのかもしれません。


その後も、良い香りに包まれ、幸せに満ちていると。。。


息子が、砂利をけったりしていたずらをしながら歩いています。


すると「ママなに。。」「怒ったの?」と言い出します。

私は叱っていないので、直ぐに

「ママが怒ったのではないわよ

少しオイタをしすぎたから神さまに怒られたのよ」

と言い聞かせました。

その後もしつこく「ママが怒った」と言い続けていました。

息子いわく、私と思っているようなので

似たような声の方が、叱って下さったようですね。


そんな不思議なことが起こりつつ、神宮内をゆっくりとさせていただきました。


「ゆっくりしていって」という声を聞きながら。





今日という素晴らしい日に感謝をし、夫に「ありがとう」と伝えました。


本当にいつもありがとうございます。

つづく
[PR]

by coco20051204 | 2008-09-16 21:36