地球と愛そして平和


「地球と愛そして平和」を願い、日常的なことや太陽や虹の写真とメッセージなどを発信しています。対面にてメッセージとビジョンもお伝えさせていただく活動もしています。ヒーリングルームまで
by coco20051204
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


子供は大切な命

私も母として、七年目になろうとしています。
子育てはそれぞれの家庭によって色々かもしれませんが、過保護すぎる親がとても目立つと感じます。

子供は大切な命。

これからの世代を担う子供たち。
その子の成長を見届ける親は、とても大切な役割を持っています。

近い距離なのに、送り迎えに行く母親の姿には、とても驚いてしまいます。

「子供」とはいえりっぱな一人の人間です。子供ながらの考えはきちんとあります。

親の言葉は魔法の言葉。 

親の言葉はとっても大切に感じています。

子供は自分の都合を通そうと「わがまま」を言う時があります。
でも親は、このだだをこねたりすることに対して、何らかの感情を持つものだと思います。
例えば、うるさいから。静かにしてほしいから。
可哀そうだから。そうさせてあげたいから。しつこいから。

それぞれの感情に対して、親の勝手な都合で子供の意見を聞くこと。
このような生活が続くと、子供はどうなってしまうのでしょうか。

自分の思い通りにならないと切れてしまったり。
集団生活に柔軟になれなくなったり。
表の顔と裏の顔を持ってしまったり。
陰で自分の意見を通そうと自分が仕切ってしまったり。
まさかうちの子に限って。。と思う方もおおくいらっしゃるかもしれません。

愛情とは。

甘やかせるものではありません。
本人を喜ばせるものでもありません。
都合のよいものでもないのです。

時には厳しい愛も必要です。

恋愛にも同じことが言えるかもしれませんよね。

都合のよい恋愛は、後にヒビが入りますから。
同じく都合のよい子育ても後にどうなるでしょうか。。

子育ては、預かった命を育てるお役目。

魂は物ではありません。
一つの大切な命です。
夫婦もそうですが、相手から物のように扱われると腹が立ちませんか?

子供はこれからの成長していく大切な未来の光。

どのような人間へと成長していくのか、、きちんと見守らなければなりません。
親としての「責任」を持って接してほしいな、、、と感じます。

沢山の子供たちが、素敵な未来を育てる人になりますように。058.gif
[PR]

by coco20051204 | 2010-05-28 12:54 | ☆感じたこと思ったこと

信じる心

昨日の「信じるとは?」の続きとなりますが、先日ある出来事がありました。

なんだか体調が悪く、そしてだるい。
イライラしてしまう感情。
ご飯も食べたくないし、美味しくない。。

ストレスが重なってしまったのかと思っていたのですが、、、

そのうち食事中なのに意識も定まらない状態、テレビの電波を「強い」と感じ、それがとてもうっとおしくなりました。ついには自分の身体を支えられなくなり、壁に寄りかかってしまうほどです。

夫「病院行った方が良いじゃないか?」

と言ってくれましたが、これはいつものパターンでしたので

「病院ではないこと」を伝えると、夫は直ぐ察してくれました。

「ほら起き上がって」と私の首の後ろを出すように言いますが、私はまったく自分の意思では動けません。まるで誰かが抵抗するように壁に寄りかかったままでした。

なんとか私を起こしてくれて、背中をおもいっきりたたきます。

バン バン バン 「出てけ 出てけ 出てけ」と。 

すると咳が出始めます。
夫は更に勢いよく叩きつけ、吐き出させてくれました。
(かなり強かったのですが、夫は勢いよくたたくと効果があることを実感していたようでしたが。。)

その後ようやく楽になったので、夫へありがとうとお礼を言って終了となりました。

ここで、私の中にはある出来事が沢山思いだされます。

家の中で誰かが肩をひっぱったりしたこと。
どうもいつもと様子が違うこと。
最近、心の隙間を作ってしまったこと。
心の中に話しかけてくる何かと重なって自分が自分でなくなっているような感覚になっていること。自分の中ではなんでも霊などの現象と結び付けるのは嫌なので、全て「気のせい」「聞こえない」と流してしまっていたことです。

全てにおいて、しっかりと自分という人間を認めること。
そして信じること。
自分(肉体)だけではなく、色々なな方がサポートし、見守ってくれている事実を信じること。得意体質と解釈せずに受け入れること。伝えている相手の波動を感じ取り、良いものか悪いものなのか、自分の感覚を必ず「信じること」。他人の目を気にする前に、しっかりとした意識と自分を保つこと。

そんな大切なことを忘れて、日常生活では色々な出来事を
見て見ぬふりをしていたんです。
見えない世界の話ではありますが、、私なりの現実逃避でしょうか。

駄目ですよね。。。

特殊な目で見られるのが怖くて、「私は分からないよ」
「見ていないよ」「気のせいだよ」と自分を持っていってしまったんですよね。

本当に、この後に涙が溢れてきました。
この現実からは逃れられないのだと。
この感覚は逃れられないのだ。。と。

結局は、私は私の役割があるのだ。。。と認めるようにします。
どこかで腹をくくらなければならないのですね。。

以前、ヒーラーとしてメッセージを受け取っている時と、普段の私の違いにびっくりされたことがあります。「まったく違うよね?」と。。。。

いつもはこんな自分がいます。
不安になったり、怒ったり。
自信をなくしたり、くよくよしたり。
結構天然入っているよね~などと言われたり。

この差が良いのかも!?とプラスへと考えて、また今日も学びの時間へと流れていきます。

きっとあの世ではほんの一瞬と感じるこの一生も、この世の時間はとても長い。
魂の学びの旅の途中。
日々貴重な時間の中、生かされているのだと感じます。
今回も反省の一言ですが、その気付きに 感謝です。
e0111153_10344882.jpg

[PR]

by coco20051204 | 2010-05-26 12:56 | ☆感じたこと思ったこと

家族とは? 信じるとは? 築くとは?

なかなか更新が出来ず、すっかりご無沙汰しております。
皆さまお元気ですか?

息子も今年からピカピカの一年生!となり、
私も母として主婦としての時間を過ごしておりました。

一年生になると、突然お兄さん意識が芽生えるのか、
今まで出来なかったようなことが突然出来るようになります。

例えば、、

息子は電車通学なのですが、近所にはほとんど子供がいないため
駅の近くまでは息子一人となります。
駅までは大人の足では15分ぐらいでしょうか。

最初の2.3回は駅まで行きましたが、途中で子供たちがだんだんと集まってくる場所がありますので、まずはそこまで送るようにしていきました。

何日も経たずして突然、「オレ一人で大丈夫だから!034.gif」と、
なんともたくましい発言をしたのです。

そして、4.5日経過するころには一人で通い始めたのです。

私は「えらいえらい」と褒めてあげ、満面の笑みで手を振り送り出しますが、、
心の中では心配の虫が騒ぎだします。

「車にぶつからないかしら、、」
「ランドセルの重みでおもいっきり転んだりしないかしら、、」
「傘が車にひっかかったりしたら、、008.gif

そんな気持ちを振りほどくように。

「息子を信じよう!058.gif

母である私こそが、しっかりと成長を見届けてあげなければなりませんよね。

大人は色々な情報や知識がある分、思わず口うるさくなってしまったり、色々な心配をしてしまうものですが、子供はこれからの人生、色々な困難を乗り越えて、これからの人たちへと成長するわけですから、しっかりと子供を信じて、成長を見届けてあげることが、母としての責任なのかもしれません。

家庭の中で学ぶこと。

夫は、一家の大黒柱。
母は、家庭の大黒柱。

互いの絶妙なバランスがあってこそ、夫婦円満となるのではと思います。
駆け引き、持ちつ持たれつ、尊重し、お互いを認め合い、そして信じる。

このバランスが時には崩れながらも、お互い「トントントン」と修復しあって築き上げる世界。真正面から思い切りぶつかりあって、腹の中を見ることが出来るのも家族なんだなと。

そして、それを子供は見て育ちます。

母も子も、夫も子も。夫婦も。
バランスがとれるように何度も修復し合って、信じあって築いていくものが
結婚をするということ。家庭を持つということなのだな。。とつくづく感じます。

母から教わった言葉
「母というものは、真の棒をしっかりと強く持つこと」
う~ん。影の大黒柱だとつくづく感じる私です。

それと、お互いの心の持ちようで、色々な方向へと行くのだと思いますよ。

家族って深いですね。

その経験が私の人生の一部となり、夫の人生の一部となる。
そして息子の人生の一部となるんですから、貴重な時間なんですよね。

これからも、お互い信じあいながら一歩づつしっかりと歩んで行こうと思います。

e0111153_9285223.jpg

[PR]

by coco20051204 | 2010-05-25 09:49 | ☆感じたこと思ったこと

やさいしい 時間

大きな木を 見つけたよ

お父さんのように 大きく

お母さんのように あたたかい

そんな 大きな大きな木

あなたは私に やさしさをくれたよ

心地よい 時間をくれたよ

e0111153_1034899.jpg


ありがとう 

やさしい木

ありがとう

素敵な時間


今度は私が大切にするよ

e0111153_10384533.jpg

[PR]

by coco20051204 | 2010-05-16 10:37 | ☆感じたこと思ったこと